「裸足で14分台、スパイクで13分台を出したい」過去を乗り越えて今を挑戦する

「プロのランナーとして生きていきたい。裸足で14分台、スパイクで13分台を出したい。」マーガリンボーイズに所属し、社会人として仕事しながら仲間とトレーニングを続けるの高橋勝哉さんは言います。「限られた時間や条件を意識しながら、それでも実業団に勝ちたい。」「裸足で14分台、スパイクで13分台へ。」そんな若手ランナーにお話を伺いました。

地域性を楽しむスポーツ。走りたい人が楽しく走れる場所をつくりたい。

「地域性を楽しむスポーツ。走るか走らないかの二択じゃなくて、走りたい人が楽しく走れる場所をつくりたい。」「ランニングステーションやスクーデリア長津田の活動を通じて、スポーツをより身近に楽しめるコミュニュティをつくりたい」と、荒井俊亮は言います。走る、を自分や周りの人が自然体で楽しめる環境づくりに励む若手ランナーに話を伺いました。