1WEEK 30-70%OFF FiveFingers & FUROSHIKI
商品レビュー

Instinctトレイルベスト EVOLUTION 7L / Vibram FiveFingers V-Trail

頂上からの景色は圧巻

Target:日向山

都心から日帰りでも来られる山梨県北杜市に位置する標高1660m日向山。山梨県百名山にも選定されています。山頂は花崗岩が風化してできた白砂砂漠が有名です。

白砂砂漠を駆け抜ける
今回使用したV-Trail

尾白川渓谷駐車場に向かう途中、矢立石登山口方面へ。幅員が狭い林道を進み、ヘアピンカーブを何度も登り標高を稼ぎます。駐車場手前からはゴツゴツした大きい石が多いため車高が低い車は注意が必要。駐車場が山に沿ってあるので狭くなっています。大雨等で崩落があり通行禁止になることもあるので事前にチェックを。尾白川渓谷からも登ることができますが、崩落による通行禁止になることがあるためコースは事前にチェックが必要です。

今回使用したEVOLUTION TRAIL VEST(7L)

登り始めは林道、樹林帯の山中、天候が良いと青空に緑が美しく映えます。枕木がしっかりあり、登山道もわかりやすく、とても良く整備されているのが分かります。頑張れば走れる箇所もあり、トレーニングには最適。次第に急登が現れます。山頂まで10分の1,2,3とカウントしてくれ、急登を登る心の支えになってくれます。トラバースしながら急登を登りきると辺りは熊笹に変わリます。この周辺はシングルトラックで緩やかな上り、走れる箇所が多くなります。ついスピードを上げてしまいたくなる。途中、天気が良いと富士山、鳳凰三山 地蔵岳が顔を出す。

何処までも樹林帯の変わらない景色ですが、9号目には雨量計が設置されていて、三角点の標識があり、これらを過ぎたらは山頂はすぐそこです。三角点も樹木に覆われているため、何処が白砂なんだ?とモヤモヤしながら樹林帯を抜けると、そこは真っ白の砂漠の世界。雁ヶ原と呼ばれる花崗岩が露出したザレ場になっています。奇岩の群生、白砂で樹林帯からは想像できない世界です。天気が良ければ八ヶ岳の全貌が一望、日本三大急登・黒戸尾根 甲斐駒ヶ岳も聳え立ちます。白砂に映える緑と青空の景色は日向山ならでは。

錦滝への下り、蟻地獄のようなすり鉢状になっており、ランナーの心をくすぐられます。サッと走ってみるのも面白いです。下りはピストンで、登ってくる登山者に気をつけましょう。トレーニングには最適な距離、景色の良さも魅力です。

Equipment:装備

Instinctトレイルベスト EVOLUTION 7L

今回使用したトレイルベストは、EVOLUTION 7L。普段の練習用から100マイルレースまで対応できるオールラウンドモデルですが、日向山往復程度ではAMBITION 4.5Lが最適。収納物は山頂では風が抜けるためウィンドシェルや、エナジーバー数本、水はソフトフラスクを使用すれば1.2L入るので個々に合わせて入れる量を調節できます。スピードが上がる下りで走りが乱れても絶妙に身体のラインにフィットし、振られることなく安定感があります。

V-Trail

V-Trailはトレイルランニング、オフロード向けのモデル。MEGAGRIPソールが柔らかいのでどんな路面にも対応できます。ソールのグリップ性があらゆる方向に対応できるので、林道、水分を含んでいる土はもちろん、日向山の砂浜、岩でも滑ることなく、安心して走ることができます。登山道は土、木の根っこが張り出している箇所がありますが、地面からの突き上げも少ないのでfivefingersに慣れている方はV-Alphaでも十分に走れると思います。

日向山トレッキングコース

Date:データ

  • 距離:7.6km(GPSによる計測)
  • 時間:1時間56分(標準コースタイム 登り2時間20分・下り1時間40分)
  • 累積標高 +661m
  • 山小屋・水場・トイレ なし(尾白川渓谷駐車場にはトイレ完備)

※登山計画書、登山届は必ず行い、マナーを守って安全で楽しいトレイルランニングを楽しみましょう。

Access:アクセス

山梨県北杜市

Information:周辺情報

温泉 白州・尾白の森名水公園 べるが 尾白の湯(甲斐駒ヶ岳の麓に湧き出る天然温泉)

道の駅 はくしゅう 国道20号線沿い

※白州の天然水の持ち帰りができます。
※20号線沿いにコンビニがあります。また、道の駅に併設されているスーパーマーケットでの食料調達も便利です。