1WEEK 30-70%OFF FiveFingers & FUROSHIKI

Message | 開発者からのメッセージ

子どもに履かせたいシューズがない、母の切実な想い

「健やかに育ってほしい」

いつどんなときも、子どもの身体のことを思わない日はありません。裸足で元気に走りまわる息子の姿を眺めながら、どんなシューズを履かせようかと考えていました。

市販のシューズは、踵が厚くてクッション性が高いシューズがほとんどでした。私は「シューズが衝撃から足を守る」ことよりも「衝撃を足裏で受け止め、自分で身体の使い方を工夫していくこと」が大切だと考えています。後者のコンセプトに近いシューズも、よくよく観察してみるとソールが少し厚かったり、もしくは硬かったり、足指が動かしにくかったり、結果的に理想的なものは見つかりませんでした。

「子どもが、裸足感覚で履けるシューズをつくりたい」

私の切実な思いから、「ゆび助」の開発が始まりました。

まるで裸足のように自由になれるシューズ

いつも裸足でいられたらいいのですが、現代の私たちの生活を考えると現実的ではありません。だからこそ、シューズを履いているときも裸足と同じように自由でいられる感覚が必要だと考えました。過度な技術に頼らずに、生まれながらにして備わっている身体機能を引き出してあげたい。そう考えて辿り着いたのは、クッション性を抑えた薄くて柔らかいソールでした。

爪先や履き口、生地や色にこだわったデザイン

「ゆび助」は、足袋をベースにデザインしています。爪先部分にゆとりがあり、親ゆびは独立しているため、足指を動かしやすいです。子どもが履きやすいように、履き口はゴムに、ベルトはマジックテープにしました。生地はメッシュで通気性がよく、乾きも早いです。男の子でも女の子でも履ける、3カラーを採用しました。特にホワイトは、幼稚園や小学校の「上履き」として活用してもらいたいと思っています。

同じ想いのお父さん・お母さんへ

ゆび助は、子どもの健康を願う多くのお父さん・お母さんに選んでもらいたいシューズです。もし、裸足が大好きなお子さんなら、きっと気に入ってくれると思います。我が子の健康を願う母親の気持ちをカタチにした第一弾のシューズ。今後も「裸足感覚」をキーにして、理想を追求しながらより良いカタチをつくっていきたいと考えています。

Barefootinc Japan株式会社
執行役員 金子美保

(開発協力/製造:株式会社 丸五)